« 「4th Re:Action↑」というイベントに、出た話。 | トップページ | 吟遊詩人 »

2012年9月 9日 (日)

灼熱お祭りミュージック

おはようございます吉原です。
今日も昨日もお祭りです。
昨日は幡ヶ谷36°5で、『灼熱 vol.22』っつうライヴでした。

まあ近所の氷川神社でお祭りがやっているので素通りしようと思っていましたが、
やきとりの醸し出すアロマに勝てる筈もなく、八海山を呑んだりしてハシゴするハメに。
焼き鳥屋多すぎるんだよな。しかもそれぞれ個性があって。そりゃ〜ハシゴしますよ。
下の店では、ボンジリをテールという名で売っていました。
今度食べる時は、「塩、良く焼き」で食べたほうがおいしいと言うことも学びました。

フラフラになってすっかりリフレッシュして、幡ヶ谷へ。
前々からのぶさんに、「この池田和美という人はすげえ!」と訊いていたので、
震えて待っていたのですが、ま〜あスゲェ!と思いました。
(後になって、その震えては、西野カナ曰くの震えてに変化します。)

ちょっとこの衝撃は、誰にも例えられないな。
とにかく話すエピソードの一つ一つがいちいち面白く、それにちなんだ歌の歌詞が狂ってた(褒め言葉)!!
それを秦佐和子っぽいこの控えめ美少女が淡々とブチ切れるものなのだから、
あぁぁぁあぁあぁあぁぁぁあああああ!!!です。
何か言おうと思いましたが陳腐になるので、ともかく、
あぁぁぁあぁあぁあぁぁぁあああああ!!!です。
ともかく、私以外で腋毛の歌を歌うのがもう一人いる上、しかも女性で、しかも2連続!
しかも1曲は所ジョージ氏の歌!(そんな歌を歌う彼女の腋毛も気になります)これだけでも凄まじいのに、
父親が母親に手を上げられないので、網戸にマヨネーズをぶち撒ける歌だとか、
免許取りたてで若葉マーク付きのオープンカー(父親の)の話だとか、
弟に何とかハエトリグサを購入させようとするも、結局自分で買う話だとかをしつつも、
日本人は悪くもないのに謝りすぎだみたいな歌を歌ったり、いちいち味わい深い。
(ネタバレするとアレなので、話の内容は端折りました。。)

あぁぁぁあぁあぁ誰かに知らせたいけどそれをさせたくないこの気持ち!!!
とにかくもう一度観てみたいデス。
ブログもじわじわくる。

八の字眉毛だけれども、別に困っていませんよ。
http://ameblo.jp/kachiko1106/

ライヴの後、たくとさんに鳩山浩二という人を教えてもらいました。
一瞬名前を失念したので、"鳩山 こけし 二郎"で検索したら出てきました。
因みにそれぞれ単独で検索すると宇宙人、大人の玩具、モヤシの山が出てきます(画像が)
たくとさんの2丁目でのDJの話を聞き、新たな世界が開けました。因みに、たくとさんはノンケです。
俺は両毛です。
水野くんのネコミミが見れなかったのが心残りですが。
世の奇人をたくさん知ることが出来た、じゅうじつした夜でした。

|

« 「4th Re:Action↑」というイベントに、出た話。 | トップページ | 吟遊詩人 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

追記の自己レス。

池田和美さんは「仕草が」秦佐和子似なのであって、
顔は先日ジャカルタのJKT48に移籍した高城亜樹ことあきちゃ似です。身長も。
歌は誰にも似ていない、彼女のオリジナルです。

因みにフンコロガシの歌は、
曲調のしんみりした暗さとキている歌詞と狂った(褒め言葉)メロディーラインが
ものすごい破壊力です。

先日の共演で、共演者の方々から「吉原くんと池田さんは似ている」とは言われましたが、
やっぱり、「誰にも似ていない、彼女のオリジナル」です。

正直尊敬しますし、大好きです。天才こわい。

投稿: 吉原さん | 2012年11月21日 (水) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「4th Re:Action↑」というイベントに、出た話。 | トップページ | 吟遊詩人 »