« 夢と現実は表裏一体(のような気がする) | トップページ | 簡潔な次回ライヴの予定 »

2012年5月25日 (金)

●-20120522(だけど昨日の夢)
隣にあったSさんの家(今はもう無い)に引っ越す。狭い、汚い、小さい冷蔵庫は薄汚れている。
パックの牛乳を飲みながら家に入る。
伊達巻きのようなものを丸かじりにしようとして落とす。砂がついたそれをさっさと払ってマルカジリにする。
隣は古びたゲームセンター(?)になっている。
こんなに朽ちているのに、建ってから14年くらいしか経っていないらしい。

◎-(こんどこそ)20120522
髪を自分で切ろうとする。
(今例えるなら)矢野絢子女史の「ナイルの一滴」みたいな髪型になる。でも後ろの方はガリガリガリクソンみたくなる。
椅子の不安定な、掘っ立て小屋っぽいバー。
BGMで俺のペストアルバムっぽい曲が流れ続けている。「シンボルロック」を旧友(女子。誰かは判らない)と歌う。「とんかつの唄」が流れてきたので、旧友に得意げに“誰が歌っているか”とか、“使われた映画”なんかを話す。誰が流しているのか気になったので、来てもらう。話が合いそうだな、と思う。机にはビックリマンチョコっぽいウエハース。外国人バンドに写真を撮ってもらう。

○-20120524
タコ公園ローソン側の架空の店の、店頭のテーブルで矢野絢子らと早い夕食。
その後私は周辺の屋台をはしごするが、良さそうな店がいっぱいありすぎて迷う。
迷っているうちに深い時間になり、屋台は殆どが店じまい寸前に。
かなりぐるぐる走り回り、架空の神社の境内も回る。
どこも人でいっぱい。楽しそう。

|

« 夢と現実は表裏一体(のような気がする) | トップページ | 簡潔な次回ライヴの予定 »

妄想日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢と現実は表裏一体(のような気がする) | トップページ | 簡潔な次回ライヴの予定 »