« ダブルヘッダーのお知らせ | トップページ | 自称・吉原芳広生誕祭(仮)の予定 »

2011年5月 6日 (金)

ダブルヘッダーでした。
朝8時に家を出てから、翌朝5時40分、幡ヶ谷の漫画喫茶で目覚めるまでの長い試合でした。
さっさと終電で帰ってレポートでも書いておくんだったなぁ。
ひとみしりなんで、寝たふりが得意になりました・・・・。


昨日のフォークジャングルの実況レポートはTwitterで #fj108 のタグで検索していただければ誰でも読むことが出来ます。
スタッフ的には、1日中走り回ってる割りにはごみ箱ほったらかしにしたり、ポスター剥がすのを忘れたりして、到らない所だらけだなぁ〜と思いました。

個人的には、18年の歳月を掛けて4月23日の「しびれ袋vol1」で(ドラムの西ケ谷さんの奥さんが、いい曲だと仰って下さったのが嬉しかったです!)ようやくパフォーマンスが完成した「屍一強いレスラー」を演じられたのが嬉しかったです。
目撃してしまった皆様方におきましては、どう思われたでしょうか・・・・。

そして、せきぐちさんが、ちょっと早い誕生日プレゼントをこの私めに下さったのが、身に余る思いでした。感無量!そして、多謝!!!!!!11


その後、幡ヶ谷に移動。
オールスターで、ピッチャーが代わる代わる投げるような、贅沢な時間を過ごさせていただきました。
しかし何だ、あの中田真由美のコミュ力の高さは!
1度遭った事のある人に対してもひとみしりが発動するおれには出来ない芸当!
(事実、サンジャックの店長とは一言も交わせなかった・・・後悔です。)
そんな中で俺は、少しでも爪痕を残せたんだろうか・・・・。

一人でいる時間があまりにも長すぎたせいか、忘れ去られることに人並み以上の恐怖を感じるんです。
“ぼっち”というのは、空間が刄になって襲いかかってくるんです。
だから先に、自分が刄になって空間に爪痕を残す。
周囲と衝突するかも知れないし、あからさまに拒絶されることもあります。
でも、それを恐れたら、自分が出る意味が無いし、何も出来なくなってしまう!

だからといって・・・・・・
1曲だけ、という出演でしたので、自ずとああいう事態になったんでしょうね。
すいません!
公衆の面前では憚られる4文字言葉を、よりによって「はだかの音楽最終回」に連呼してしまって・・・・!
でも最高のイベントを看取れたので、ザッツ・オール!!

タイトルは、我が敬愛する詩人、金子光晴の詩の題名です。
“げ”と読みます。
「人を感動させるような作品を作るんじゃねぇ!」という詩です。
おれの中で、未だに鳴り止まない叫びです。

|

« ダブルヘッダーのお知らせ | トップページ | 自称・吉原芳広生誕祭(仮)の予定 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダブルヘッダーのお知らせ | トップページ | 自称・吉原芳広生誕祭(仮)の予定 »