« 大滝詠一の歌う夏の爽快感はハンパ無い | トップページ | 心地良い虚脱感 »

2010年6月10日 (木)

結果、話のノイズで夢見て

しかしアイドリング!!!ってみんな腋の下真っ黒だな(いい意味で)。

昔、徳川夢声という人が居たのです。
その人が言うには、(多分、小沢昭一氏の話の又聞きですが)テレビの画面を片目で見ると立体に(即ち3Dに)見えるというのです。

私たちは普段の生活では、(両目がある人は)3Dテレビの原理で物を見ているわけです。
片目でモノを見る際にはテレビの画面を見るのと同じに、1方向からしか物を見れないわけです。
でもそれでは色々マズイので、片目で見ても脳は立体だと思い込もうとします。
その状態ではテレビ画面に映るモノも同じように見えるので、脳は立体だと錯覚しようとして立体に見えるのです。

片目でアンテナのこわれたテレビ画面を見ていた逆柱いみり氏は、そんなテレビも立体に見えたのでしょう。
彼のマンガが現実、夢、テレビ等の次元を超えているのはその為でしょう。

しかしアイドリング!!!ってみんな腋の下真っ黒だな(性的にいい意味で)。

|

« 大滝詠一の歌う夏の爽快感はハンパ無い | トップページ | 心地良い虚脱感 »

妄想日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大滝詠一の歌う夏の爽快感はハンパ無い | トップページ | 心地良い虚脱感 »