« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月26日 (火)

新春は音楽と相撲の日々~02

1月24日はダブルヘッダー(野球用語で、1日2試合行う事。因みに、ココ20年間くらいは殆ど行われていない)でした。

昼は新宿ゴールデンエッグに、Glass Woolのライヴを観に行きました。
ハコもマスターも物凄く味のある店で、一発で気に入ってしまいました。
【弾き語りデイ】と云うイベントなのに、弾き語りがグラスールしか居なかったというデタラメっぷりも、おれ好みですな。
自らをツッコミ役と疑わないアニラ氏に、「ありささんというツッコミが加わり、オードリーの春日的存在であるアニラが引き立つようになった」と言ったら、フクザツな反応をされましたよ。ああむつかしき、日本語・・・・。

そんなグラスールとのライヴが早速、決定いたしました!
3月28日(日)、しかもこのゴールデンエッグで。
私とグラスール以外の出演者は今のところ未定です。
追って報告いたします。

夜は外苑前のZ.imagineに、佐賀優子のライヴを観に行きました。
早く付き過ぎたのでバッティングセンターで時間潰しをしていたのですが、こんな時ほどよく打てるもので、いつも打てないカーブもよく当たりました。靴も革靴なのに。

いきなりドラムの山本達久氏がとんでもないプレイを始め、「なんだ!?何が起こったんだ!!!?」
次にピアノ(だけじゃない!!)の宝示戸亮二氏がいきなりプレイを始め、さらに「なんだ!?何が起こったんだ!!!?」
そして佐賀優子が登場しいきなり歌い始め、さらに「なんだ!?何が起こったんだ!!!?」
いやぁ、美しかったね、素晴らしかったです。キチガイ(誉め言葉)です。
これがさんはうすだったら激しく大爆笑したところですが、そういうふいんきじゃなかったので、必死に堪えておりましたよ。
語れば語り尽くせないので、語りません。
皆さんにも、是非、目撃していただきたい。

帰りに近所の寿司屋に連れられて行くお相撲さんを見ました。
そんな1日でした。

| | コメント (6)

2010年1月25日 (月)

新春は音楽と相撲の日々~01

この新春は、音楽に関わっている以外は、起床→相撲観戦→仕事→就寝の毎日で、ここをほったらかしにしておりました・・・。
なので、ここ2週間を今から振り返ります(と言ったそばから便意が・・・・)

(すっきりした気分で再開・・・)
1月9日は、1月10日の「フォークジャングルIN松山」の為に、松山のカプセルホテルにまのえりしておりました。
松山に着いてから、電車にギターを忘れたり、路面電車を乗り違え、逆方向に向かったり、カプセルホテルでは、上の段からの落下や、漫画「Dr.クマひげ」にハマってライヴに行きたくなくなる&東京に帰りたくなくなるなどのアクシデントが有りましたが、それも乗り越え、熱いライヴが出来たと思います。

今回お世話になったライヴハウスのYAH MAN33には、何故かヤクルトのメガホンと川島亮選手と店長とのツーショットが。
訊けば旧来の知人だそうです。私はヤクルトファンなので、テンションが上がってしまいました。
閑話休題、ライヴのレポートもしなきゃ。
長くなるので、3行以内にまとめます・・・。

1番目はこの男、KIHARA、おれの音楽生活においても、父親的な存在だ。
近頃はテレ笑いも板についてきた好漢で、見事に旗を揚げてくれた。
実はおれもバーボンは好きだ。

2番目の藤本けんじさんは、スチールギターを控え、繊細なギターとウクレレで、私はティンパン・アレーの「Pacific」の細野晴臣さんの曲「最後の楽園」を思い出しました。
心が洗われましたよ、わたしゃ。

3番目は唄旅人CIMAさん。見た目に似合わず、やさしい唄をうたう人です。
路傍に座り、人を見上げて問い掛けるようなイメージを、私は持ちました。
因みに、降り立った松山駅の前で、早速歌っておりました。すげぇバイタリティ!

4番目はいしだきぬよさん。歌小屋の2階では何度も聴いているけど、フォークジャングルでソロで歌うのは今回が初めて。うれしかったなぁ~。
小さな身体で、パワフルに太鼓を叩きながら歌います。
矢野絢子のCDのアートワークなどもしている彼女は、今回の「ポスターの人」でもあります。

5番目は私ことおれこと吉原芳広。
何故か四国では、上田宇宙さんと密着した出演順になります・・・。
「宇宙には負けられねぇぜ!」といった具合に、「江戸パンク」を魅せられたのでしょうか、心配です。
松山の人たちは、暖かいなぁ。

6番目は「土佐ロック」こと上田宇宙さん。
ここからフォークジャングルはさらに加速していきます。
毎回毎回、勇気をもらってばかりで・・・・。今回松山に行く決意を固めたのも彼のお陰です。

7番目はかkazaざさん。「カザ」と読みます。
「テンション上がりっぱなしでコードが飛んじゃった」なんて言っておりましたが、やぶれかぶれでも立ち向かっていく姿勢こそ!と、再確認させてくれました。

8番目はニセのバンド。
まだ昼なのに、夜の香りを充満させてくれました。
「美しいバラには棘がある」、自分のライヴをストリップと言っておりましたが、私も音楽は「心のストリップ」だと思います。

9番目は呉ひとしさん。
山のようにデカくてパワフルな声なのに、なんでこんなにやさしいのだろう・・・。
私は、泣きました。

10番目は、ここのマスターでもある、佐藤昂蒔さん。
どこかで会った事があるよな~と思っていたら、数年前、フォークジャングルIN広島で共演したいました。
こんな素晴らしいライヴハウスを経営しながら、熱い歌を歌う。こんな大人になりたい。

11番目は社長こと座長(By金森栄光)こと松本秀房。
正直、ここ数年で最高のステージだと思ったよ!
新曲の「路面電車の唄」は私も都電荒川線に特別な思いがあるので、感慨深かった。

打ち上げで呉さんに連れられて行った中華料理「天龍」の餃子とマーボは本格的で、最高だった。
しかし、マーボが本格的過ぎて、翌日のトイレットが・・・・。

続きは後ほど・・・・。

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

日曜日は松山へどうぞ・・・

フォークジャングル in MATSUYAMA
日時:2010年1月10日(日)15:30開場 16:00開演
会場:YAH MAM 33(松山・089-934-3011)
料金:前売1500円 当日2000円(1ドリンクオーダー)
   (チラシ持参者は前売料金にて入場可)
出演者:
1.KIHARA(東京)
2.藤本けんじ(松山)
3.唄旅人cima(東京)
4.いしだきぬよ(高知)
 (休憩5~10分)
5.吉原芳広(東京)
6.上田宇宙(高知)
7.かkazaざ(松山)
8.ニセのBAND(高知)
 (休憩5~10分)
9.呉ひとし(大阪)
10.佐藤昂蒔(松山)
11.松本秀房(東京)

明日は松山にまのえりして、見知らぬ床屋で散髪したいです。
私が泊まるカプセルホテルのすぐ近くに、「やれば出来るは魔法の合言葉」で有名な済美高校があるので、チラ見して行きたいです。

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

2010年初詣はキャワ佐紀大師

もう七箇日にも拘らず初詣に行ってないですが、キャワ佐紀大師なら行きたいなぁ。

2010年初詣はキャワ佐紀大師 
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1261316518/

   ly^ュ,^v1    
   |i Y= 。=|    
   川´・_・リ<10円でか!
   /、_⊃⊂iψ  
   ( 彡ノハヾ》  
 f⌒Y⌒⌒Y⌒ハ  
 ヾ、 ' 〉-‐rく.-くノ 
  キャワ佐紀大師

| | コメント (0)

2010年1月 2日 (土)

友情山脈に輝く初日の出

大晦日は今年のシメとして、神宮外苑まで走りつつも、バッティングドームで左100球、右60球打って来ました。
ボールがよく見えてない割には当たってたと思います。
ホムーランも出て、シメに相応しかったと思います。
今は全身軽い筋肉痛でパンパンです。

夜は家族から追い出されたので碑文谷のAPIA40のカウントダウンライヴに行きました。
いやぁ素晴らしかった。
アピアの本気を見たような気がしました。
初めて観る方々が多く、しかもそれぞれが凄い切れ味で、舌を巻きました。
痛快無比って、こう云う事を言うんですね~!
未だに、出会ったうた達が身体の中を疾走しています。
それと同時に、「おれなら此処でどうするのか」と、自らのうたに対して自問自答を繰り返す年越しの9時間(くらい)でした。
でも、唸り、叫び、爆笑しながらオニギリを喰らう丸刈りは、傍から見たら山下清に見えたと思います。

余談ですが、トイレから出てきた後に何故か偶然、遠藤ミチロウ氏とその仲間達の写真を頼まれました・・・。
ミチロウ氏の眼が赤目発光してしまいましたが、逆にミチロウらしくてイイと思います。
節々で「アザラシ」や「遊ぶ女は嫌いだ!」が浮かんでしまい、呟いてしまうおれとしては、非常に感慨深いモノがありましたが、世の中は上手い事繋がるのだなぁ、と思いました。
「パンクロッカーの横顔は、やさしくかなしい」
「スーパー写真塾」読んでましたよ、とは言いませんでしたが・・・。
(今1992年9月号を読み返してみたけど、今の方が断然若くてパワフルに見えるなぁ・・・)

その後、友情山脈の函館くんとフルエさんと握力を交わし、ひとみしりで目を合わせられなかったフルエさんの奥さん(フジテレビの生野アナを美人にしたような美女だが毒舌)とデレデレしながら挨拶した後、碑文谷から歩いて帰途へ。
意外と近い事に気付きました。

腹が痛くなるくらい空腹になってしまったので、年越した蕎麦を食しようとキツネを甘辛く煮る際、醤油とポン酢を間違えてしまい、腐れ酸っぱいキツネになってしまいました・・・前途多難です。
しかし、その後は充実の朝寝でした・・・次の昼、とんでもないサプライズが待っているとも知らず・・・・!

Pict0707_xga
(画像は2,000円で購入したおれのコレクション、PowerBook5300cs。あまりのクソさ加減に教授こと坂本龍一が床に叩きつけたエピソードでも有名)

朝起きて、ポストを確認して年賀状を仕分け、何時もの元旦は苦虫を噛む思いなんですが、今年は様子が違いました。
一番嬉しい人から年賀状が届いたのです。
私の仕事が忙しくなり、もう14年くらい会っていない・・・。
とっくに私の事なんか忘れているんじゃなかろーか、といった人でした。
それ以降も彼の漫画は発売される度に読み、作品展があれば赴いたのですが、アレ以来会う事はありませんでした。
彼は今もバンドを組んで、ゲレゲレとした怪音波快音を響かせて居ります。
共演したいなぁ~。
当時はちょっと遠い話でしたが、今となっては物凄く近い現実です。
仲を取持って頂いた西ヶ谷さん第100回フォークジャングルの出演者でもあります)、有難う御座います。
そして、おれに関わってくれた全ての人に、有難う御座います。
今年もよろしく、ご迷惑お掛けいたします・・・・。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »