« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

【続きを読む】は害悪以外の何者でもない

【続きを読む】が勝手に表示されます
http://cocolog.kaiketsu.nifty.com/questions/34584/thread

例に拠って誰も望んでいない、バージョンアップという名の改悪が11月25日に唐突に行われ、トップページからは数行しか読むことが出来なくなり、おかしいな~と思った方々も多いと思います。

ココでの治し方の説明は、煩雑です。
軽い気持ちでブログを始めた多くの方々には、「再構築」と言われても、何の事だか解からないでしょう。
そういう人達を振り落として、誰が得をするんでしょうか・・・・・。

某有名な方々のブログでも【続きを読む】が表示されたりしますが、アレって閉鎖性の象徴以外の何者でもないよな。
アメなんとかーブロなんとかだとかの『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』とかさー。
貴様は何様で御座いますか・・・・・。

ブログなんてさー読んで名の通りwebのlogなんだからさー
【続きを読む】のにクリックするなんてマンドイじゃない。

たとえば、readme.txtの3行目が『著作権保護のため、readme.txtの一部のみ表示されております。』だったら、読む気無くすよ・・・・・。

| | コメント (0)

『イカくさいナイト』inさんはうす

今日(?)は南阿佐ヶ谷さんはうすで『イカくさいナイト』というライヴを観に行きました。
男ばかりが出演するというので『イカくさいナイト』・・・。
正直、ライヴは一切憶えておりませんが、11月29日は.。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!肉の日ということで、肉とイカを強かに食した事は憶えています。
後々、肉やらイカやらを食べたら今日のライヴがフラッシュバックするのでしょう。
その時、私の記憶はプーです。
イカとその腸を炒めた残りの腸汁に、ホカホカ御飯を絡めたモノが激ウマでした。
終電が何故か中野止まりなので、中野から阿佐ヶ谷に引き返し、始発まで熊井氏と「現代のライヴハウスでの、ミュージシャンの閉鎖性」について地味に語り合いました。
俺というホモサピエンス(モーホー)は、なんとウザい(EXILE)のだろう。

すいません、正月明けまでこの調子かも知れません。
野球もスモーも終わってしまったら気が抜けてしまい、この有様です。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

小泉中泉大泉巨泉・・・小泉和弘超人伝説

フォークジャングルの出演者に、小泉和弘という人物がいます。
彼の唄は凄いのですが、更に、彼の意図しない何者かの存在を感じる時が多々あります。

風の無い晴れた夏の日。
ある歌をうたった時、その時だけ冷たい風がたった一条、ピューと吹きました。
また在る時は、雨の日のフォークジャングル。
彼が唐突に舞台から降り、歌ったその数分だけ雨が止み、雲の切れ間から差し込んだ太陽光が彼を照らすということもありました。
気象を操る舞台演出をしてしまう小泉さんは凄いなぁ、と思います。
だって何億掛けたって無理な演出ですもの。

そんな小泉さん、車で来場する際は打ち上げに参加出来ないので、赤飯のオニギリを買い込み、自分の曲のMDを聴きながら一人打ち上げをするそうです。
酒を呑むと小泉からバージョンアップして最終的に巨泉に到達し、おれにチョッカイを出します。

| | コメント (4)

吉原芳広2デイズライヴ・・・・的なカンジで

一昨日はさんはうすでライヴ。
クソだのウンコだの歌ってる変態のこの私にも拘らず、人生初のあんこーるを貰って嬉しかった・・・。
神曲じゃなかった新曲も披露出来、全体的に神懸っていたと思います。

昨日はフォークジャングルでした。
妖気じゃなかった陽気に恵まれ、過ごし易く心地よい環境で、来場者も多くの方に来て頂き、プログラムパンフレットも全て配り終えたのに更に来場していただき・・・・。私自身も昨日のハイテンションを美味く引き摺り、いい状態でステイジが出来てよかった・・・自己嫌悪にならずに済みました(´Д`)

聴きに来て下さった方々、図らずも目撃する羽目になってしまった方々、
一昨日、先日と、お世話になりっぱなしの関口さん、異様な仕様のCDを購乳して戴いた方々・・・・
全ての方々に、アリガトウ。

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

いよいよ明日明後日

明日明後日とライヴです。
今から手に大量の汗をかいております。

まず、明日は毎度おなじみ南阿佐ヶ谷さんはうす
なんと!チャージ無しなので、お気軽にどうぞ。
メニューも充実!
http://www.geocities.jp/rzy_rzy/sonhouse/menu/menu.html
私の最近のお気に入りは、ズッキーニチーズと、さんはうす豆腐ですヽ( ・∀・)ノ

11/22(日)
アコースティック音楽とお好み焼のお店*さんはうす
うえき ゆきお 19:30~
■TAKATORI 20:00~ 
■吉原芳広 20:30~
片貝篤史 21:00~ 
■ゆきおみきお 21:30~
OPEN 19:00 START 19:30 CHARGE 無し 各オーダー

翌日の祝日は、これまた毎度おなじみの上野公園野外ステージ。
今年最後のフォークジャングルです。
多分陽気が冷えると思いますので、厚着をしておいでください。
熱燗が呑みたくなるよね、この季節は・・・(´Д`)

第102回フォークジャングル
11月23日(月・祝)PM0:45開場 PM1:00開演
上野公園野外ステージ
入場無料(カンパ)
出演者
1.唄旅人cima
2.吉原芳広
3.KIHARA
4.金森栄光
5.小泉和弘
6.松本秀房

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

季節の変わり目さ、くしゃみをひとつ

先週の日曜日のフォークジャングルのミーティング後、高円寺の抱瓶という沖縄酒場で行われたライヴに、函館くんが出るというので観に行きました。
彼はあの狭いステージでも軽やかに飛び跳ね、足踏みしておりました。
子供達に囲まれた温かいステージで、尋常じゃないノリノリップリ!
ナーベラー(ヘチマ)やら泡盛やらが行き交う心地いい環境でした。

そんなライヴで知り合ったスーマーさんのライヴが先日、さんはうすで行われたので、観に行きました。
出演者の中に、見覚えのある名前が・・・。
9月5日にネクストサンデーでバースデーライヴを行った和田英さんでした。
この日は、いつもおれが出演する時のカオスっぷりとは違った、ルーツミュージックを基調としたライヴでした。
俺が滅多に垣間見ない、正調のさんはうすの雰囲気で、リチャードさんもノリノリでしたよ。

が、しかし・・・
何か妙に最近、翌日の酒の抜けが悪いなぁ~と思ってたら、風邪を引いてしまいました。
来週以降はライヴラッシュなんでムリは出来ないなぁ。
大学野球も、今日の函館くんのライヴもお預け・・・・( ´Д`)カナシイ....
しかし、風邪を引いているのに何で全く食欲が落ちないんだろ・・・。
秋だからだね。

ということで、先週決まった来週の予定です。

11/22(日)
場所:お好み焼BARさんはうす
出演:うえきゆきお 19:30
   TAKATORI   20:00
   吉原 芳広   20:30
   片貝篤志   21:00
   ゆきおみきお 21:30
  (終了はおそらく22:00以降)
OPEN 19:00 START 19:30
料金 ¥1000+オーダー

11/23(月、祝)
第102回フォークジャングル
場所:上野公園野外ステージ
出演:1.唄旅人cima
    2.吉原芳広
    3.KIHARA
    4.金森栄光
    5.小泉和弘
    6.松本秀房
OPEN 12:45 START 13:00
料金 カンパ

2~3日で超回復すると思うので、その際は宜しく御願い致します。

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

11月22日の予定

お好み焼BARさんはうす
open 19:00 start19:30charge無し 各オーダー
うえきゆきお 19:30
TAKATORI  20:00
吉原 芳広   20:30
片貝篤志   21:00
ゆきおみきお 21:30
(終了はおそらく22:00以降)

皆知らない方々です。
ひとみしり発動で不安ですが、むしろコレはチャンスです。
翌日はフォークジャングルですし・・・。

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

タナボタ的ライヴ告知

先日、「ライヴを観に行けなかった罪滅ぼし」に、深夜12時ごろのさんはうすへ。
以前共演した佐賀優子さんに会いに行きました。
優子女史の眼は充血しており、もはやオッチャンのそれでした。
その後、ミュージシャンの若人たちと酒を呑みつつ話しているうちに、何故か熊井氏の一杯機嫌で彼等と対バンをする事に。

と、いうことで、11月22日(日)、フォークジャングルの前日にライヴをすることになりました・・・・(;´Д`)<詳細は後日!

11/22(日)
場所:お好み焼BARさんはうす
出演:吉原芳広
    他、未定
OPEN 19:00 START 19:30 CHARGE ¥1000+オーダー

11/23(月、祝)
第102回フォークジャングル
場所:上野公園野外ステージ
出演:吉原芳広
    他、未定
OPEN 12:45 START 13:00 CHARGE カンパ

12/13(日)
場所:お好み焼BARさんはうす
出演:吉原芳広
    GlassWool
    ET
OPENは多分19:00くらいで、だとするとSTARTは多分19:30だと思いますが、押す場合もあります。
CHARGE ¥1000+オーダー

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

『Hi-fatレコ発記念 2マンライブ』幡ヶ谷 ACOUSTIC LIVE BAR 〔36゜5〕

先日、歌小屋の2階で知り合ったうたうたい、やもと問唔さんと再会するために幡ヶ谷のライヴハウス〔36゜5〕(さんじゅうろくどごぶ)に行ってまいりました。

早い時間に店に入ると、客は私以外誰も居ませんでした。
なのでマスターに気になる事を2、3訊いてみました。
詳しくは憶えていませんが、ETとどういう経緯で知り合ったのか、等。
因みにマスター、赤紙も来た事があるらしいので、来年の50時間のお誘いもしましたよ。
勿論フォークジャングルの宣伝も(´Д`)

徐々に観客が増えてきて、私のひとみしりゲイジがMAXに近付きつつある頃、やもとさんが来たので再会の握手を交わしました。
相変わらずデカい!
しかし、共演のHi-fatのボーカルとベースの人(兄弟)もデカい!
なので、もんごさんは自分のことをMF(ミドルファット)と申しておりました・・・。
しかし何時も思う事なんだけど、あの一種ファンタジーの世界的な歌小屋の2階以外で、そこで共演した人と再会すると、「あ、この人現実世界の人間だったんだ~」という気分になります。

2マンライブの最初はやもとさん。
パワフルな見た目と声とは裏腹のやさしく繊細なギターと歌声で、聴くたびに自分の中でじわじわと満ちていくモノがあるのを感じます。
「キュラソー」が聴けたのが善かったです。
やさしさとかなしさが詰め込まれた静かな傑作で、キュラソーが呑みたくなりました。
が!ココには置いてなかったです(´Д`)
「パラシュート」はHi-fatのコーラス付きで、しかもこのコーラスが素晴らしかったです。
Hi-fatの最年少のギターの人は大学のコーラス部の部長だそうです。なるほどね~。
初めてもんごさんを観た人達も完全にその世界に引き込んでいましたよ。

次に(というか最後に)Hi-fat登場。
4人中2人が巨漢!
山のような体格で、全力で愛を叫び、歌う!
しかもラブソングなんて甘ったるいモノじゃなく、剥き出しの!
最高にパワフルでインパクトがあるのに、シャイな人間性が見え隠れしているのがよかったですよ。
「レジスタンス」と言う曲の、
くしゃくしゃのタバコと
飲みかけの缶ビール
それが僕らの合言葉

という歌詞が、こころに残りました。

その後、ライヴ時間より長い(!!)打ち上げをしました。まあ、始発まででしたからね。
途中、マスターが3分の2の肉食民族どもを引き連れて牛丼を喰いに行ったので、私やもんごさん、キーボードのTAMOOさん達は、ギターを取り出し歌謡曲大会をおっぱじめました。
時代劇のテーマや演歌を歌いましたね。
私はレインボーマンの「ヤマトタケシの歌」と友川かずきの「魂」と拙曲「ウンコのエッセンス」を歌ったと思います。

もんごさんと会ったのはこれで3回目ですが、何故か3回って気がしませんね。
中身カオスで、終わりさわやか。
帰り道の、鋭い月光と、力強い朝焼けが印象的でした。

| | コメント (2)

2009年11月 3日 (火)

この世には、いろんな王者がいるんだなぁ

BSに加入した関係もあって、野球漬けの日々。
もちろん観る方ですけど・・・。
先日の日曜日などは、朝昼晩と野球でした。
朝はBS1でヤンキース対フィリーズ戦。
昼は神宮球場で早稲田対慶応戦。
夜はフジテレビで読売対北海道日本ハム戦。
どの試合も、王者に相応しい堂々とした戦いップリでした。

小兵で素早いリードオフマン、ロリンズ選手。
三拍子揃って尚且つイケメンの四拍子、ワース選手。
どうみてもオッチャンにしか見えないステアーズ選手。
BSが観れなかったら知る由も無かったフィリーズの素晴らしい選手達。
そして、ヤンキースのリベラ投手のピッチングは、往年の「高津劇場」を彷彿とさせます。

六大学野球の最終戦、神宮球場は多くの観衆で埋まっておりました。
外野ネット裏の売店も全て開店しておりました。
しかし、昼の“神宮バー”の快適さは尋常じゃないなぁ、風も尋常じゃなかったけど。
これで土生くんが打ってくれたらサイコーなんだけどね・・・・。
9回裏の早稲田は、敗れはしたけども「これぞ野球!」でした。

フジでもBS1でも放送していた日本シリーズ。
BS1は主音声で、フジは副音声でした。
あの二人の解説(それを解説と言うのなら)が自由すぎてワロタwww
SHINJOさんは、解説者というより解脱者でした。
ヤクザ清原さんは意外とまともな解説をしておりましたが。
ダルビッシュや稲葉ジャンプ、鶴岡せんしゅが観れた上に例のあの2人。
そして解脱者にフルボッコメントされるひちょり選手・・・・。
そして実際にフルボッコにされる、読売の胃腸の弱そうな投げる人・・・・・。
贅沢な映像でしたねぇ。DVD化してほしいなぁ。

しかし、何でお相撲の人達は「お相撲さん」と呼ばれるのに、お野球の人達は「お野球さん」と呼ばれないのだろう。「お人類さん」達に提言したいので御座います。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »