« 矢野絢子vs早川義夫 | トップページ | SPAMむすびってアレ、うまいのか?喰った事無いけど »

2009年10月19日 (月)

ギロッポン、それは不夜城。

18日日曜日、アニラ氏のユニット、Glass Wool(何かブログでは片仮名でグラスールと表記されているんだけど・・・・)のライヴを観に、六本木のBrave Barに行ってまいりました。
洒落たバーと、ライブハウスの猥雑感が一緒くたになった不思議な店でした。
この店、音が良くて関心しました。バーなのに(寧ろバーだからかな?)。
生の音を目の前で聞いているような臨場感あるアンプでしたよ。

私は普段、ライヴは開始から最後まで全ての出演者を観る主義ですが、Glass Woolのブログには開始時間が書いていなかったので、Glass Woolの開始時間に店に着きました。
でも寧ろ、今日はそれが功を奏しました。
だってあの店に2時間以上居たら、酒を端から端まで呑んでしまい、お金が2まんえんくらいじゃ足りません。
なので、少数精鋭で、デュカスタン・ファーザーズを・・・。

久しぶりに観たGlass Woolのライヴは、生命力に満ち溢れていました。
アリサさんの歌声って、こんなに力強かったんだ・・・・。
アニラ氏のコーラスもそれに呼応して、歌う楽しさがドカンドカン溢れていました。
ギターを弾きながら地面を踏み鳴らす足に、路上の魂を感じました。
最近はかなり埼玉方面で歌っているらしく、ステージングが洗練されていました。
アニラ氏の長話(失礼!)に小気味良いツッコミを入れるアリサさんは、まさに夫婦漫才のソレでしたよ。

さんはうすでのライヴが楽しみになりました(まだ決まってないけど・・・)。
固い握手で次回の再会を誓い、歩いて帰りました(近いと思ってたら、意外と遠かった(´Д`))。
さあ、次があるぜ!!

追伸
Glass Woolの後に出演した、関マウスさんが、とんでもねぇ不意打ちを食らわされたやうな面白さでした。
また何時か出会いそうな予感がします・・・・・・。
素晴らしい音楽には、素晴らしい出会いが自然に着いて来るんだなぁ。

|

« 矢野絢子vs早川義夫 | トップページ | SPAMむすびってアレ、うまいのか?喰った事無いけど »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢野絢子vs早川義夫 | トップページ | SPAMむすびってアレ、うまいのか?喰った事無いけど »