« さんはうすへのアクセス | トップページ | 外苑前はお祭り騒ぎ »

2009年9月22日 (火)

点と点が線になる瞬間

先日は皆さんお忙しい中、仕事の合間、若しくはおヒマを縫って、私のライヴ(とはいえライヴタイトルは『夢の島の二階 東京ツアーAT さんはうす』なので、あくまで夢の島の二階がメインのイベントなのですが)に来て下さった方々、有難う御座いました。
やっと二日酔いから復帰した吉原芳広です。

まず、お好み焼きのお店にも拘らず、ウンコだの腋毛だのと歌ってしまった事を、お好み焼きを召し上がっていらっしゃるお客様、並びに熊井さん夫妻にお詫び申し上げます(棒読み)。

そして、CDを購乳して下さった方々、有難う御座います。

赤霧島を差し入れてくださったせきぐちさん、その後、出演者各位で美味しく戴きました。有難う御座います。

初対面から30秒後で、もう10年くらいの知り合いの様になり、リハーサルでは「心が洗われる」ような曲を歌っていたにも拘らず、本番では「心が犯される」ようなまさに「ピアノの鬼」と呼ぶに相応しい、尋常じゃねぇステージを披露してくれた佐賀優子さん、有難う御座います。

リハーサルからカオスっぷりを見せ付け、本番になれば更に尋常じゃないカオスップリを見せ付け、にも拘らず人懐っこい笑顔で、心が犯された後に今度は「頭脳を犯す」ようなステージを披露していただいた夢の島の二階の二人、有難う御座います。アンコールでは、思わず爆笑してしまいました。

何か、円谷幸吉の遺書みたいになってきました・・・。
でも確かに幸せ過ぎて、「明日死ぬんじゃないか」みたいな気持ちになったのは事実です。まだ生きてますが・・・。

あの空間で、3組が持てる力を発揮し、観客の熱(と鉄板の熱)とぶつかり合い、最高のライヴイベントを作り上げた手応えは、確かに有ります。
だからこそ、そこで何か不思議な力が発生するという事も、実感しました。
あらゆる事象に、感謝。

さあ、次だ!
まずは第101回フォークジャングル。

|

« さんはうすへのアクセス | トップページ | 外苑前はお祭り騒ぎ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さんはうすへのアクセス | トップページ | 外苑前はお祭り騒ぎ »