« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

逆もまた然り、逆の逆もまた然り。

カバーといえば、はっぴいえんどの「風をあつめて」という曲は色んな人がカバーしているのですが、どれを取っても納得出来ないモノばかり・・・というのが、素直な感想です。
そんなワケで私は、この曲に思い入れがかなり有るのですが、私が演奏しても「複雑なギターと歌の練習」になってしまいそうです。
だって、ギターがヒドいんだもの。
時々自分は、ギターじゃなくて斧を(しかもFFⅣのオーガキラーみたいなやつ)振り回しているんじゃないかと思ってしまいます。

まあ、思い入れが深くても平坦で面白みが無いモノになったり、
思い入れが無くても思いの外面白いモノになったり・・・・。
だから一見カバーは難しいモノに思えますけど。
だけども!しかしワタシは思うのです。
音楽は歌っている人の鏡に過ぎないような気が・・・・。

だって超絶技巧にも拘らずハシにもボーにも掛からない曲って、退屈ですもの。

| | コメント (0)

次回ライヴ予定

50時間ライブの後のライヴが決定致しました。

9月21日(月・祝)
南阿佐ヶ谷お好み焼BARさんはうす
http://sound.jp/sonhouse/
共演者は、未定です・・・・。

これは・・・高知から、生きて帰らなきゃ。

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

夏の暑さでガッツを鍛えろ!・・・・・・程々に。

50時間ライブまで3週間を切りました。
(詳しい情報はコチラ→http://utagoya.net/

そんな中私は、高校野球神奈川県大会「横浜vs横浜隼人」をtvkで観ていたのですが、
凄まじい熱戦に心が熱くなる、素晴らしい試合でした。
猛打の横浜打線を、9点取られながらも投げ切った今岡君の輝く笑顔。
しかしそんな横浜も、コールド寸前から延長戦に持ち込む、凄い執念。
筒香君に注目が集まる中、中原君の実力が大爆発で、領収書が切れる身分なら御飯を奢りたい気分です。
実況の吉井さんも、実に熱っぽい語り口で、これぞ高校野球!と、強く思いました。

しかし神奈川の野球のレベルは高いな・・・・ならプロは何故・・・・。
などと思い空を見上げれば快晴、これは走らなきゃMOTTAINAI!
ということで颯爽と(不審者と間違われないように)トレーニングウェアに着替え(といってもズボンだけ)、

東京タワーを見に行くぞ(なるべく近くで)!

と意気込み、走ったのですが・・・・
都営大江戸線赤羽橋駅あたりで何やらヤバくなり・・・・汗が引き始め・・・・
(何時もココらへんがターニングポイントなんですよね。赤羽橋駅付近で、水分補給している黒づくめは多分私です)
咄嗟に水分を補給したけども、往路では若干身体が火照り気味でした。

ただ、血の気が引き始めた頭で観る、雲一つ無い空をバックにした東京タワーは、何だか壮麗でした。

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

ロッテ“オリオンズ”応援団に興奮!

今回のオールスターで素晴らしいと思ったのは、パシフィックリーグの選手達、監督達、ファンが皆会心の笑顔で野球を見守っていた事です。
現在最下位の、オリックス大石大二郎監督ですら。
先日、青木選手も言っていたように、野球は本来、楽しいものです。
勝っても、そして負けても、心の中にポジティブなものが残らなきゃ、野球がプロである必要はありません。
「心が病んでいた」と言っていた青木選手も、死人みたいな顔をして野球をしている選手も、楽しもうよ!
野球で生きていけるって、最高だぜ!

サブロー選手の打席で、ディアズ選手等の応援テーマが流れたけど、ディアズは実はそんなに活躍していない。
でも、最高に野球を(人生を、と読み替えて戴いても構わない)エンジョイした選手は何十年経っても心に残り続ける。
だからディアズ選手や、西武時代の清原選手、秋山選手、ヤクルトの若松選手の応援テーマが今でも流れるんだ。

フロントの人たちも、少しは「人間になろう」。
今の球界のフロントは、人間じゃない、金キチガイだ。

| | コメント (0)

どんな打球でも逃さない、慎也のショート?サード?は世界一

連日のプロ野球オールスターを、泥酔しながら観戦しています。
高校野球神奈川県大会も泥酔しながら観戦しておりますが。

連日の我が軍、東京ヤクルトスワローズの選手の大活躍が嬉しいのですが、
今期WBC以降、絶不調の青木選手の、“起死回生”のホームラン、ベテランにして我が軍の要、宮本選手の胸の透くようなでっかいホームラン、林選手の魂の篭ったホールド、佐藤の代走・・・・・。

相川選手には、横浜ベイスターズ戦においても好打、好リードを期待しているんですが、
こんな状況ではスパイだと思われても仕方ない様な気が・・・・。
でもまあ、私は弱いヤクルトを観戦しながら「しょうがないねぇ~」と、高見の見物をするのが好きなので、
塵売ジャイアンツや厨日ドラゴンヅ等のスパイをしてくれている相川選手には、大きな期待をしております。

どうしても勝ちたければ福川選手に出場していただきましょう。

| | コメント (2)

2009年7月14日 (火)

50時間ライヴまであと1ヶ月

TVKで高校球児を見ていたら、精神が高まってきました。
なので、素振りを再開致しました。
久しぶりに振るマスコットバットは重い・・・。

99回フォークジャングルを振り返って、復習。
http://homepage3.nifty.com/yshr2/
新曲の練習もしなきゃ。

| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

神宮、今年最後のデーゲームに愛子様

何時ものように3キロ強の道程を歩いて神宮球場に着くと・・・・
あれ?何か今日は妙に物々しい。
そういえば今日は確か・・・・!
ロイヤルファミリーが我が庭神宮球場に御来場なされると、以前何かで訊いたような。
丁度目の前を、皇太子ご一家が横切りました。
皇太子ご一家は、試合終了までヤクルト対横浜戦を御覧になっておりました。

ワタシは狂ったように「万歳!!」と叫ぶ人の気持ちは解からないでも無いけど解かりたくありませんが、
恐らく将来、女帝になるかもしれない(議論はまだ有りますが)愛子様の、まだ多少の我侭が効く幼少の時を、善き大人として見守ってあげたいです。
相撲にも野球にも興味があるオッサン趣味の皇族が居る国なんて、素敵じゃないですか。
ワタシは右翼左翼全く関係無いところで天皇御一家が好きなんですが、今回の件で益々好きになりました。

なーんて言いながら、500mlのペットボトルに詰め込んだ焼酎を全部空けて、モツ煮を喰ってるワタクシなんて、愛子様にとっては愚民なんだろーなぁ~。
愛子様だけではなく、大本氏の娘である未空様にもそう思われ気味ですが・・・・。

あぁ~しかし、真ッ昼間に満員の神宮球場で、浴びるように痛飲するビ~ルは最ッッ高だなぁ~!!
周りが、ナイターと変わらない常連ってぇのも、おれの好きな雰囲気だ。
昼行っても夜行っても、顔なじみの常連が居る居酒屋みたいだなぁ・・・(´Д`)
そこに御出座しになる皇太子御一家・・・・この世はすごいな。

| | コメント (0)

2009年7月11日 (土)

人を見る目を養う事は、最高学府を卒業する事よりも大切

『℃-ute 有原栞菜』に関する大事なお知らせ
http://www.helloproject.com/news/0907110000_arihara.html
『℃-ute 有原栞菜』に関する大事なお知らせ
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1247238178/

人間、「人<カネ」になるとろくな事が無いですね。
しかし私には、ハロー!プロジェクトという素晴らしい反面教師が憑いています。
言いたい事は沢山あるけど、もう正直どうでもいいです。

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

Go!フォークジャングル!!Go!50時間!!

Fumika_2

渋谷7th floorでのライヴの際、購乳したCDにサインと激励の言葉を頂きました。
一番最後の出演者の歌を口ずさみながらサインする姿が印象的でした。
そのままおうちに連れ去りたい衝動に駆られました。

翌日、松本秀房氏に自慢しまくってやりました。
さあ、次は50時間ライブ!
気合が入ってきました。

| | コメント (0)

第100回フォークジャングルお客様忘れ物センター_001

Wasuremono

とりあえず私が確保しております。
何かボウガンで狙い撃ちにされそうな帽子ですね。
持ち主の方は、ご一報を・・・・。

| | コメント (0)

yshr~オヤスミ前にはレモンティー派~

メロン記念日の村田めぐみさんが、カリ○について書いております。
http://blog.oricon.co.jp/melonlounge/archive/368/0
しかし村田さん、指長いなぁ・・・・。
顔が、ヤクルトの宮本慎也選手に似てるなぁ。

| | コメント (0)

第100回フォークジャングルの、自己中な感想_006

たった15分の持ち時間(正確にはおれと花子女史だけ1分超過)でしたが、叩きつけてきました。
その内で新曲も2曲演奏する事が出来ました。
しかし各氏に「とんかつの死」を評価していただいた事も嬉しかった。
みんな「トンカツの歌」とか「あの、何か豚カツのやつ」とか、未空ちゃんに至っては「誰がとんかつになるの~?」(←かわいい)などというカオスな発言で才能を発揮する始末・・・・。

そして4日には渋谷で、5日は上野で、歌小屋衆との再会を誓いました。
4日には訳あって矢野絢子嬢とシマフミ女史にペシペシと叩かれましたが(訳は言いませんが)。
いつかルカナンを覚えて反撃です。
兜をひっぺがしてやります。

しかしまぁ、こんな東京砂漠のど真ん中に放り出されれば、ペシペシの一つもしたくなるものです。
私も道玄坂付近は慣れません。ルーラが使いたいです。

| | コメント (0)

第100回フォークジャングルの、安心感な感想_006

しかし安心感といえばやはり、呉ひとし氏。
身も心も山のようにデカイ男です。
中村氏と呉氏の二人が居れば、どんな修羅場でも安心です。

| | コメント (0)

第100回キンチョールの、下世話な感想_006

アロハシャツを着た、キンチョールを隠し持っていそうな男が二人居たことを覚えていますでしょうか。
大本博之氏と中村ゆきまさ氏です。
対決して欲しいです、何らかの方法で。
しかし、フォークジャングルin高知でも感じたけど、中村氏の「現場馴染み力」は凄いね。尋常じゃない安心感。

| | コメント (3)

第100回フォークジャングルの、下世話な感想_006

ラ・ケンターズ氏の発言は時々不思議極まりないのですが、白人女性を見て開口一番、
「アレ、ソ連人やね。」と言った時は、何故か妙にじわじわ来るものがありました。
今思い出しても、妙にじわじわ来ます。

| | コメント (0)

第100回フォークジャングルの、下世話な感想_005

“池マサト”だけに、池にダイブ成された池マサト氏ですが、その後、会場裏口に衣装が干してあったのが、何か歌小屋の2階っぽくて良かったです。
50時間ライブの緊張が少し和らぎ、ほっこりとした気持ちになりました。

| | コメント (0)

第100回フォークジャングルの、下世話な感想_004

4、という数字は日本では死に繋がるとしてアレとされているので、敢えて別の話題を話します。

当日、50時間ライヴのポスターを貰いました。
そこに写っている、その日代官山で歌っていた矢野絢子嬢は、何故故にか兜を被られて居りました。
リアルひこにゃんです、そっくりだし、ソレっぽいです。
恐らく傍らに居りましたら、ペシペシと地道な打撃攻撃を繰り返して居りましたでしょう。
でも本当はルカニを掛けたいです。
ルカニが効けば、素っ裸で防御力0です。
もちろんペシペシします、色んな意味で。
でもこの人、常にマホカンタ掛かってそう。

| | コメント (0)

第100回フォークジャングルの、下世話な感想_003

又の名を大久保和歌こと、花子女史がプログラムを配ったときの事です。
渡された人がその、「夜の匂い」に気圧されて、後ずさりしつつ帰って往きました。
花子女史の夜の蝶力はすごいです。
そして私は、彼の女史に「吉原くんのラヴソングが聴いてみたい」と過去に手紙で言われ、ソレがずっと気に掛かっていたのです。
そして作りました。
主題は敢えて申しませんが、副題を「ウ○コのエッセンス」と申します。

| | コメント (1)

第100回フォークジャングルの、下世話な感想_002

ワタクシ、大の大人なのに、8歳のオレを誑(たぶら)かすクソガキ未空ちゃんの歌った「スキップ!」(何か、題名に“!”を入れることをオススメしたいなぁ・・・でもソレをやっちゃうと、メロン記念日の「スキップ!」とカブっちゃう事を、今思い出しました)を聴いて、不覚にも、泣きました。
何かもう、堪えられなくなって、堰を切ってしまったのです。
大本夫妻は、1122(いい夫婦)です。
天本ヒロキ大本博之さんはテキトー(適度に妥当、の略。彼に対する賛辞です)な人で、観察していて飽きません。
三田史子さんは、考えすぎてしまうこともあるけれど、人の事を思いやれる、素晴らしい人です。
未空ちゃんには、そんな両親を大切にして欲しいです。

| | コメント (0)

第100回フォークジャングルの、下世話な感想_001

ああ、ETともっと喋っておくんだった粉を掛けておくんだった
ところで江藤さん(ET)って若干、Berryz工房の嗣永桃子っぽいよね。

| | コメント (0)

2009年7月 5日 (日)

渋谷7th floor presents [言葉の森に棲む。]

渋谷7th floorで開催された「言葉の森に棲む。」というイベントに行ってまいりました。
いつもこの小洒落た渋谷7th floorに来るとアウェイ感に襲われるのですが、
今回は全然ホームグラウンド気分!

その理由がまたフクザツでして・・・・

1.第100回フォークジャングルのポスターが置いてある
2.PAが私の妹(スタイリスト)の友達(と、妹が勝手に発言。私はひとみしりだからPAの人とは話せない)
3.矢野絢子シマフミ(写真は動物の後ろの人類の方)がいる
4.共演者の「沢田ナオヤ×外山明」のライブが最高!だった
5.しかもその沢田ナオヤさんを観に(?)クリトリック・リスブラックタイガーの仮面を被っている方の人(多分。左の人)が来ている
(先日クリトリック・リスはメロン記念日メンバー村田めぐみ(コレの真ん中)と共演し、しかも私はメロン記念部部員です)

世界って、狭いなぁ。

| | コメント (0)

2009年7月 2日 (木)

何かイロイロ近付いて来た

まずは第100回フォークジャングル
ココで、出演者の紹介がザックリされています。

私は自分の事を、謙遜でも何でもなく、天才だと思っていますが正統派で可も不可も無く特徴の無いありきたりのラブソングしか歌えないイケメンなだけが取り得の女にモテるために音楽を始めたまあいわゆる自称アーティスト。と思っていましたが、人からは“奇才中の奇才”と思われてるんだ・・・・・。
今まで気が付かなかった。
頑張ってもっとイケメンになろう。


そしてコッチも

第9回 欲シガリマセン勝ツマデハ 50時間劇場LIVE
2009 8/14(金)~16(日)
歌小屋の夕べvol.17 総出演ライヴ「やっとYOU!」
○入場料金 
・全時代通しチケット\5000(入場の際にお申し出下さい)
・ひと時代前売り¥1500  
・ひと時代当日\2000
・ひき続き次の時代もご覧になる場合、時差調整時¥1000追加。(時差調整時に受付できない時は改めて入場料が必要。)
・受付を済ませばその時代は出入り自由。
・8月のOPENTICKT購入者は50時間中もフリーパス。
・全50時間終了後、閉店17日(月)午前1時。(宿泊の方は別)
○くるま
・50時間ライヴ開催中のお客様用駐車場はございません。
○食事○飲み物
・たてこもり「一度入場したら最後まで!」を希望された方のみ時差調整時に食事のサービス有。(但し健康を維持出来なくなった方は自主的にたてこもりを辞退する)
・食物持込可能。ただし、ライヴ中は食べない。
・匂いの強い物は禁止(食物に限らず)。
・飲み物は\200紙コップバイキング「あの!200円ばあ」をご利用下さい。オープンチケット者は無料サービス(アルコールを除く)
・冷蔵庫の使用不可。
http://utagoya.net/
私は多分15日(土)15:00くらいから居ます。

| | コメント (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »