« 第100回フォークジャングルの、下世話な感想_002 | トップページ | 第100回フォークジャングルの、下世話な感想_004 »

2009年7月 8日 (水)

第100回フォークジャングルの、下世話な感想_003

又の名を大久保和歌こと、花子女史がプログラムを配ったときの事です。
渡された人がその、「夜の匂い」に気圧されて、後ずさりしつつ帰って往きました。
花子女史の夜の蝶力はすごいです。
そして私は、彼の女史に「吉原くんのラヴソングが聴いてみたい」と過去に手紙で言われ、ソレがずっと気に掛かっていたのです。
そして作りました。
主題は敢えて申しませんが、副題を「ウ○コのエッセンス」と申します。

|

« 第100回フォークジャングルの、下世話な感想_002 | トップページ | 第100回フォークジャングルの、下世話な感想_004 »

第100回フォークジャングル」カテゴリの記事

コメント

正確には大久保和“花”さんでした。
訂正し、お詫び申し上げます。

しかし「夜の匂いのする花」って、エロいね。

投稿: 吉原さん | 2009年7月 8日 (水) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第100回フォークジャングルの、下世話な感想_002 | トップページ | 第100回フォークジャングルの、下世話な感想_004 »